【インタビュー】株式会社ドロップシード木村氏に聞いたゲームのアニメーションについてや制作のこだわりとは?

ソーシャルゲームの開発・運用の企画、エンジニア、クリエイティブまで幅広く展開している株式会社ドロップシード。
今回はアニメーションを担当されている木村氏にアニメーションへのこだわりや今後の展開についてお伺いしました。

株式会社ドロップシード
アニメーション担当
木村 知里氏

 

――本日はよろしくお願い致します。まず初めに、現在のポジション、携わっている業務について教えていただけますか。

私が現在担当しているのはアニメーションというポジションになります。その中でも私はキャラクターモーションを主に担当しています。

――アニメーションとは具体的にどういうものを制作しているのでしょうか。

アニメーションというと幅は広くなってしまうのですが、主にゲーム関係のキャラクターのモーションやエフェクト、演出を制作しています。
制作時、弊社側からクライアント様へキャラクターモーションの提案を行う際に、クライアント様と意気投合してより良い作品が作れた時はとても嬉しいです!

現在関わっているプロジェクトでは、Photoshop、AfterEffectでエフェクト素材を作り、Spineというツールを使用してキャラクターモーションやエフェクトの動きを制作しています。
Spineは海外の2Dアニメーションツールで、近年では使用されているプロジェクトも見かけることが多く、弊社でも得意としておりIK、メッシュ、パス、skin、eventなどSpine特有の機能を使い、こだわりを持ってクオリティ高く制作することを心掛けています。

弊社でSpineを使用して製作したモーション動画をご紹介いたします。

 

――アニメーションへのこだわりや大切にしていることを教えていただけますか。

キャラクターのデザインや特性等よく理解した上で、こうした方がもっとこのキャラに印象付けできるな!とか、このキャラはこういう性格・デザインだからこうした方が面白くなるな!等、どういった動きがいいのか考えながら制作するように心掛けています。
キャラクターモーションを制作する際には1フレームが大きく動きを左右するので、その1フレームを大切にしています。パーツごとの重力感や、キャラクターの躍動感等も頭に入れながら、色々考えて制作していますね。

――今後のアニメーションの展開や作ってみたいアニメーションはどのようなものでしょうか。

アニメーションの展開としては、幅をどんどん広げて行きたいので、2D・3Dのジェネラリストになりたいと思っています。
作ってみたいアニメーションとしてはSpineのメッシュやIKなどの機能を用いた2.5Dモーションでしょうか。まだまだ実務で製作する機会に巡り合えていないので、機会があればどんどん面白い制作をしていきたいです。

――最後に読者へ向けたメッセージをお願いします。

一概にアニメーションといっても色々あると思いますが、どれもそれぞれ違った魅力があります。アニメーションは、様々な要素を繋げたり伝えたりする『キモ』だと思うので、どんどん注目して見ていただけたら嬉しく思います!

――ありがとうございました。

株式会社ドロップシード